日本人が誇れる加齢臭対策に効果的な日本食

加齢臭対策には日本食がよい

加齢臭対策には日本食がよい

加齢臭の発生に大きく関与していると言われている活性酸素。

これを体内に増やさないためには、酵素が豊富と言われている発酵食品を摂取するとよいといわれています。

つまり、日本食がよいのです。

発酵食品は日本人には身近な存在です。

しょうゆ・みそ・納豆・ぬか漬けなど、日本食には欠かせない調味料ですよね?欧米の人に比べると、日本人は体臭がそれほど気にならないのは、日本食の味付け、発酵食品の摂取が日常的だったからなのでしょう。

ところが、最近は食事も欧米化している傾向にあります。

手軽に食べられてしまうファーストフード、肉料理・中華など、さまざまな国の料理を堪能できてしまいます。

そのためか、加齢臭で悩む人は増加しているのではないでしょうか?体臭が気になる人は、加齢臭対策として日本食を見直してみることもよいでしょう。

日本食はヘルシーです。

健康を意識した食事をしつつ、加齢臭対策にもなる日本食は素晴らしいと思いませんか?日本人ならぜひ日本食の良さを感じてほしいものです。

加齢臭対策には抗酸化作用のあるものがよい

加齢臭の原因には、活性酸素が体内に多くなり、匂いのもとである「ノネナール」を発生させるからだということがある会社の調べで分かってきました。

それまでは、加齢臭の原因が何かもわかっていなかったので、対策すらできませんでした。

しかし、原因が分かってきた現在、さまざまな加齢臭対策が考えられています。

その一つとして、抗酸化作用のある食べ物を摂取することがあげられます。

抗酸化作用とは、活性酸素ができる行程を抑えてくれる作用のことです。

抗酸化作用のある食べ物として、ビタミンCとビタミンEを含むものがよいとされています。

ビタミンCは、みかん・レモン・キウイ・イチゴ・グレープフルーツ・柿などに多く含まれ、ビタミンEは、レモン・キウイ・ブルーベリー・ブドウなどに多く含まれます。

加齢臭対策を調査

ビタミン類は果物に多く含まれるので、食後に摂取してもよいですね。

昔から「食後のデザート」という言葉がありますが、これは本来果物のこと。

加齢臭対策にもよいことが分かってきた現在、「食後のデザート」は意味のある歴史的なものだったということが分かりますね。